そのガムシロップ入れるの待った!ちょっぴり工夫して苦味と甘みを何度も楽しもう

テーブルの上のアイスコーヒー梅雨に入る前から今年も暑さが早めにやってきて、そろそろアイスコーヒーが美味しい季節になりましたね。

お店でもアイスコーヒーをお求めのお客様ばかりになりまして、店頭でもアイスコーヒー用の豆も発売開始、すっかりアイスコーヒーシーズンとなっています!

そこで!今回はそんなアイスコーヒーを楽しむちょっとして工夫をご紹介。これはハマるとやみつき、興味ない人は全く響かないというスグレモノです( ̄▽ ̄)

ガムシロップにも品質が。 美味しいガムシロップを楽しむ。

アイスコーヒーにはガムシロップを入れる派ですか?入れない派ですか?私は入れない派ですが、そんなガムシロップ入れない派ももちろん入れる派も楽しめるのが、今回のお遊びです。

必要なのは、品質のいい美味しいガムシロップ。

これは最重要です!市販のプチバッグに入ったものは駄目!できれば自分で作りましょう。作り方は簡単、1:1で砂糖と水を混ぜ、煮て溶け込めば完成です。問題なのは砂糖の質。自然の恵みたっぷりの、おいしい砂糖を用意してくださいね。

てんさい糖

当店のおすすめは「てんさい糖」。店ではこれを使ってガムシロップを作っていますが、甘みに優しさがあって余韻が綺麗。透明感あふれるのに複雑な味わいのとっても美味しい砂糖です。

ガムシロップはコーヒーに入れない!?

さて、美味しい砂糖で作ったガムシロップを用意しました。あとはスキッとした苦味とサラリと後味のキレが良いアイスコーヒーを作りましょう。この場合は、水出しのようなまろやかなアイスコーヒーよりも、氷で急冷するドリップして作るアイスコーヒーが向いているかもしれません。粉を細かめに挽いて、ちょっと苦目に作ってくださいね。(アイスコーヒーの作り方はこちら

そして今回の主役、「美味しいガムシロップ」冷蔵庫でちょっと冷やしてみました。

さっそく頂くわけですが、このガムシロップ、

アイスコーヒーには「入れません!」

そう、入れちゃ駄目!!!

小さなグラスから直接、

ちょっとだけ口に含みます!

ふわりと優しい甘みが冷たいガムシロップから広がって、うーん美味しい。やすらぎます!そして、

すかさずきりっと苦いアイスコーヒーを一口!

冷たくて苦味の爽快感と優しい甘みが混じり合ってなんとも美味しいアイスコーヒーが味わえます。

苦味と甘みを何度でも楽しめます。

甘みが口に残って気になり始めたらアイスコーヒーだけをゴクゴク。苦味とスッキリ感がのど越しに心地よく伝わります。そして、甘みが欲しくなったらガムシロップを少しだけ口に含む。

これが、甘みと苦味を何度でも新鮮に楽しめる簡単・美味しいガムシロップの楽しみ方です!

この夏は、ガムシロップをアテにアイスコーヒーを一杯やる( ̄▽ ̄)

この夏に、ぜひ一度お試しあれ〜〜

ご希望の方には店でもてんさい糖のガムシロップ、お出ししますよ!