自己紹介。この店のこと。

このサイトに初めて訪れてくださった皆様、はじめまして。
この店でコーヒーを作っている上田俊之といいます。

数あるコーヒーのサイトの中から、ここに訪れてくださったのはきっと何かの縁。
せっかくなので、この店について、僕の考えるコーヒーについてご紹介させていただきますね。

この店が信じていること。

コーヒーの1杯のちから。

コーヒーには、いざという時に元気をくれる力を持っていると信じています。

でもそれは、きちんと作って、ちゃんと美味しい、真面目なコーヒーだけが持っている力だと思います。
この店では、そんな一杯の力をちゃんと持ったコーヒーを、コーヒーとの時間を大事にしたい人に送り届けたいと思っています。

この店のコーヒーについて。

きちんとしたコーヒーを作るには、気持ちが大事です。

でも、気持ちだけでは駄目です。

今流行の、素敵、かっこいい、おしゃれ。この辺は、飲む人の気持に少しだけ働きかけてくれますが、ほんとうにちゃんとしたコーヒーを作るには力不足です。そこで、以下に書いた事がとても重要になってきます

コーヒーは農産物、
焙煎は、調理、
この店は、ものづくりの場所。

コーヒーは、農園の畑に植えられた植物から収穫された種を加工し、焙煎と呼ばれる加熱処理をして初めて製品(コーヒー)となります。皆さんはそれを粉にしてお湯をかけ、抽出された液体を飲みます。

その工程は、野菜を畑から取ってきて加熱して味付けをし、食卓で食べることと何ら変わりません。

コーヒーと一口に呼ばれていても、もとは野菜のような農作物、焙煎というのは調理。言ってみれば、一杯のコーヒーは料理を提供しているのと同じだと思うんです。

この店が、気をつけていること

素材は、品質が大事

美味しいと感じるものを作るには、やはり素材の良さが大事です。この店では、世間では「スペシャルティコーヒー」などと呼ばれているある一定以上の品質を持った生豆の中から、さらに際立った特徴を持った生豆を選んでいます。

料理は、味付けが大事

どんなに素敵な素材でも、どんな風に仕上げるかでコーヒーの味は大きく違ってきます。 この店では、刺激的な酸味や強すぎる苦味を強調するのではなく、ほんのり甘みを際立たせる酸味に抑えたり、コクと深みを感じられるような苦味を味わって頂けるような仕上がりにしています。

保管からお届けまで、鮮度が大事

どんなにいい素材を仕入れて、一生懸命作っても、鮮度が落ちてしまっては本来の目指した味をお届けしたことにはなりません。当店では、素材の保管から焼きあがったコーヒーの包装袋まで、素材の鮮度を出来る限り落とさない工夫をしてお届けするように努めています。

まるでレストランの標語みたいですが、この店のコーヒーの事です。

コーヒーをちゃんと調理された飲み物(料理)と捉え、この場所をもの作りの場所と考えて、毎回毎回少しずつ前回より美味しいものを、の精神でコーヒー作りをしています。

前のページに戻る

初めての方へ
自己紹介。
この店のこと。

あなたにとって美味しいコーヒーを見つける秘密の方法
  • 「東京のおいしいコーヒー」に掲載して頂きました
  • 「caf� sweets」に掲載して頂きました
  • 「日経大人のOFF」に掲載して頂きました
  • 「SPUR」に掲載して頂きました
  • 「Tolyo Walker」に掲載して頂きました

グループから探す

その他のお知らせ